SDGs SDGs への取り組み

Sustainable Development Goals

  • 貧困をなくそう
  • 飢餓をゼロに
  • すべての人に健康と福祉を
  • 質の高い教育をみんなに
  • ジェンダー平等を実現しよう
  • 安全な水とトイレを世界中に
  • エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 働きがいも経済成長も
  • 産業と技術革新の基礎をつくろう
  • 人や国の不平等をなくそう
  • 住み続けられるまちづくりを
  • つくる責任つかう責任
  • 気候変動に具体的な対策を
  • 海の豊かさを守ろう
  • 陸の豊かさも守ろう
  • 平和と公正をすべての人に
  • パートナーシップで目標を達成しよう

SDGsとは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。
持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

Materials

  • 住み続けられるまちづくりを
  • つくる責任つかう責任
  • 気候変動に具体的な対策を
  • 海の豊かさを守ろう
  • 陸の豊かさも守ろう
  • パートナーシップで目標を達成しよう

靴下は利用目的や生産背景により使用する素材も様々です。地球環境に配慮したエコな素材を取り入れることで持続可能な商品をお客様により多く届けられるように取り組み始めています。

Circular Economy by RENU® RENU®がもたらすサーキュラーエコノミー

RENU®の技術はとても特殊なものです。一般的なリサイクルポリエステルでは、選別された使用済みペットボトルを原料とし、溶かして再度糸にする手法を取ります。それに対し、RENU®は、使い終わった古着や工場での生産時に出た残反(生地)を原料とし、分解・再重合などといった工程を経ることで、石油由来のポリエステルと比較してもクオリティが劣らないポリエステルを生産することができます。

Organic Content Standard

オーガニックテキスタイルのためのOrganic Content Standard認証は、オーガニック繊維を含む製品の生産・製造に対する認証です。原料の収穫から、認証製品ができるませの全ての工程(工場、加工所、倉庫)において、製品の混合や汚染がないように整えられた管理体制、製品のオーガニック繊維の含有率を最終消費者へ保証する基準です。

当社のタイ工場ではOrganic Content Standard認証を受けたオーガニックコットンを使用した靴下の生産を行っています。

package

  • エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 産業と技術革新の基礎をつくろう
  • 住み続けられるまちづくりを
  • つくる責任つかう責任
  • 海の豊かさを守ろう

靴下に必ずと言っていいほど使われているプラスチックのフック、これをファイバー製の紙フックに替える取り組みを進めています。
また、パッケージと商品を固定するためのタグピン、これも糸で固定する方法への変更を進め、当社全体で使用するプラスチックの量を削減。
海洋プラスチックのゴミ問題や限りある資源を守る「プラスチックスマート」への取り組みを進めます。

Plastics Smart

プラスチックスマートとは
ポイ捨てなどにより、回収されずに河川などを通じて海に流れ込む「海洋プラスチックごみ」が日々発生しています。
世界全体で日々大量に発生する「海洋プラスチックごみ」は長期にわたり海に残存し、このままでは2050年までに魚の重量を上回ることが予測されるなど、地球規模での環境汚染が懸念されています。

こうした問題の解決に向けては、個人・企業・団体・行政などのあらゆる主体が、それぞれの立場でできる取組を行い、プラスチックと賢く付き合っていくことが重要です。

Education

  • 質の高い教育をみんなに
  • 働きがいも経済成長も

学生へ向けたワークショップや産学共同開発での実践的な体験を通じて靴下に関する専門的な知識やスキルを身につけもらう活動をしています。
ものづくりの楽しさや就労意欲の向上に繋げてもらう機会をより多く作っていきたいと考えます。

文化服装学院学生とのワークショップ
富山大学芸術文化学部学生の工場見学

Factory

  • エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 働きがいも経済成長も
  • 産業と技術革新の基礎をつくろう

当社では中国、タイに自社工場を持ち現地での雇用を積極的に行っています。工場内はオートメーション化を進め、働きやすく安全な環境を作り、地の利を生かした研究、技術開発を行っています。
また、最新の編み機やLEDライトの導入により工場全体での消費電力削減にも取り組んでいます。

工場内のオートメーション化
蛍光灯はLEDへ
省エネの最新機械を導入